愛知県知的障害児者生活サポート協会 会員専用のページへ
TOP > 規約
愛知県知的障害児者生活サポート協会 運営規程
【名 称】
第1条 この会の名称は、一般社団法人 愛知県知的障害児者生活サポート協会(以下「本会」という。)という。
【事務局】
第2条 本会は事務局を、愛知県豊橋市三ノ輪町字本興寺41番地1に置く。但し、理事会の決議により、必要な地に従たる事務所を置くことができる。
【目 的】
第3条 本会は、一般社団法人全国知的障害児者生活サポート協会に所属して、知的障害児・者及び自閉障害児・者(以下「障害者」という。)とその保護者の生活の安定と福祉の増進に寄与することを目的とする。
【事 業】
第4条 本会は前条の目的を達成するために次の事業を行う。
(1) 障害者の日常生活及び就労に関わる相談・支援に関する事業
(2) 法人成年後見を含む障害者の権利擁護に関わる事業
(3) 障害者の文化・スポーツ振興事業
(4) 障害関係施設研修事業への助成
(5) 前各号に掲げる事業に附帯又は関連する事業
【本会の構成・会員】
第5条 本会の会員は
(1) 原則として、愛知県内に在住する障害者と、その保護者又は法定後見人とする。
(2) 保護者・法定後見人のいない施設等を利用する障害者については施設長等がその行為を代行することができる。
(3) 上記(1)に該当しない障害者の保護者等から入会申請があったときは、その申請に基づき理事会の承認をもって会員となることができる。
【年会費】
第6条 本会の会員は、1名につき次に掲げる年会費を納入するものとする。
 (1)会費(年額)17,000円
    【内訳:制度運営費 2,190円 保険料 14,810円】
 (2)会費(年額)23,000円
    【内訳:制度運営費 3,190円 保険料 19,810円】
2. 既往の年会費は、その理由の如何を問わずこれを返還しないものとする。
【代議員】
第7条 定款第6条にて「社員」とあるもの、当該障害者施設の定員の7割以上が、本会に加入している施設長は同条1項に記載ある代議員となることができる。
2. 代議員は、障害者に代わり総会を組織する。
このページのトップへ
【役員の構成及び職務】
第8条 本会に次の役員を置く。
(1) 理事長−−−−1名
(2) 副理事長−−−1名
(3) 理事−−−−−13名 以内
(4) 監事−−−−−2名
2. 理事長は、本会を代表し会務を統括する。
3. 副理事長は、理事長を補佐し理事長に事故あるときは、役員会においてあらかじめ指名された理事がその職務を代行する。
4. 理事は、理事会を構成し会務を執行する。
5. 監事は、理事の会務執行の状況および会の財産の状況を監査する。
【役員の選出・任期】
第9条 役員は、総会において代議員の中より選出する。但し、必要があるときは、代議員以外の者から選任することを妨げない。
2. 理事長、副理事長は役員の互選により選任する。
3. 監事2名は、総会において選出し、理事長が任命する。
4. 前項以外の役員については、理事長が任命し理事会の承認を得る。
5. 理事及び監事は、相互に兼ねることができない。
6. 役員の任期は2年とする。但し補欠の役員の任期は前任者の残任期間とする。
7. 役員は再任されることができる。
8. 理事長の任期は、理事として在任する期間とする。
【理事会】
第10条 本会の業務の決定は、理事会によって行う。但し日常の軽易な業務は理事長が専決し、これを理事会に報告する。
2. 理事会は、副理事長・理事・監事で構成し、理事長が招集する。
3. 理事会の議長は、理事長がこれにあたる。。
4. 理事会は、理事総数の2分の1以上の出席がなければ、開会することができない。
5. 理事長は、理事の3分の1以上から理事会の招集を請求された場合には、すみやかに理事会を招集しなければならない。
6. 理事会の議事は、この規約に別段の定めがある場合を除いては、出席理事の過半数の同意をもって決し、可否同数のときは議長の決するところによる。
7. 会議の議事については議事録を作成し、議長及びその会議において選出された議事録署名人2名が署名しなければならない。
8. 次の各号に掲げる事項を決定しようとするときは、理事総数の3分の2以上の同意を得なければならない。。
(1) 事業計画および会計予算に関する事項
(2) 事業報告および会計決算に関する事項
(3) この規約に基づく規定、要綱の制定及び改廃に関する事項
(4) その他、会の運営に関する重要な事項
このページのトップへ
【代議員総会】
第11条 代議員会は代議員で構成し、理事会決議事項、事業計画・会計予算および事業報告・会計決算の報告を受ける。
【委員会】
第12条 本会に次の委員会を置く
(1) 文化活動委員会
(2) スポーツ振興委員会
(3) 研修委員会
(4) 県大会・広報委員会
(5) 権利擁護委員会
(6) その他、代表理事が理事会の承認を得て設置する委員会
【職 員】
第13条 本会の事務を円滑に処理するため事務局を設置し、事務局長のほか職員若干名を置くことができる。事務局業務は外部の機関に委託することができる。
【支 部】
第14条 本会は、原則として各施設ごとに支部を置き、各支部は所定の登録申請書をもって支部登録を行う。
2. 前項に示す支部の外に理事会の承認を得て支部を設置することができる。
3. 支部には支部長を置き、選任後1ヶ月以内に理事長に報告するものとする。また変更、交替した場合もこれに準ずる。
【財産の管理】
第15条 本会の資産は、理事会の定める方法により、理事長が管理する。
【経費の支弁】
第16条 本会の経費は、制度運営費または資産から生ずる収入およびその他の収入をもって充てる。
【予 算】
第17条 本会の予算は、毎会計年度開始前に理事長が編成し、理事会の承認を得なければならない。
【決 算】
第18条 本会の事業報告および収支決算は、毎会計年度終了後2ヶ月以内に理事長において作成し、監事の監査を受け、理事会の承認を得なければならない。
【会計年度】
第19条 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
【解散及び残余財産の処分】
第20条 本会は、理事会において、理事の3分の2以上の同意を得て解散し処分することができるものとする。
このページのトップへ
【規約の変更】
第21条 この規約は、理事会において役員総数の3分の2以上の同意を得なければ変更することができない。
【設立および事業内容の変更】
第22条 本会は、平成14年10月1日に「あいち福祉互助会」として設立し、平成19年10月1日に事業内容の変更に伴い、名称を「愛知県知的障害児者生活サポート協会」と変更。又、平成20年11月14日付け法人認可により「有限責任中間法人愛知県知的障害児者生活サポート協会」となり、法改正等により平成21年4月21日からは「一般社団法人愛知県知的障害児者生活サポート協会」と名称変更する。
【その他】
第23条 この規約に定めるものの他、必要な事項は、理事会の承認を得て理事長が定める。
附 則
1. この規約は、平成14年8月1日から施行する。
2. 第9条第6項の規定にかかわらず、この会の設立当初の役員の任期は平成16年3月31日までとする。
附 則
1. この規約は、平成15年 6月 1日より施行する。
附 則
1. この規約は、平成17年10月 1日より施行する。
附 則
1. この規約は、平成18年 4月 1日より施行する。
附 則
1. この規約は、平成18年 7月 1日より施行する。
附 則
1. この規約は、平成19年 4月 1日より施行する。
附 則
1. この規約は、平成19年10月 1日より施行する。
附 則
1. この規程は、平成21年 4月 1日より施行する。
附 則
1. この規程は、平成21年 4月21日より施行する。
附 則
1. この規程は、平成21年 7月 7日より施行する。
附 則
1. この規程は、平成22年 2月 1日より施行する。
附 則
1. この規程は、平成22年 4月 1日より施行する。
附 則
1. この規程は、平成25年 4月 1日より施行する。
附 則
1. この規程は、平成28年 4月 1日より施行する。
附 則
1. この規程は、平成29年 4月 1日より施行する。
このページのトップへ
愛知県知的障害児者生活サポート協会, All Rights Reserved.
当サイトご利用について